≪ 2017 09   1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - -  2017 11 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

2012年3月4日(日) 

主日礼拝の中で、英国ECCJ(Ealing Christian Centre Japanese Fellowship) 日本語教会ユース牧師の

江尻剛(えじり・つよし)牧師が来て下さり、英国の宣教、特に日本人宣教について報告してくださいました。

江尻牧師は、英国留学中にイエス様を信じて、そのまま英国の日本人教会で働くことになったという経歴の持ち主です。

報告を聞いてて、再度思わされましたが、海外で信仰を持たれる日本人、多いですね!

私は常々思っていたのですが、帰国した方に焦点を合わせた教会を新設する方が、

既存の教会に帰国した方が合わせるよりも、スムーズに事が運ぶのではないかと。 そう簡単にはいきませんか?

ともかく、江尻牧師、感謝!


追記 :写真は、日時を経ていますので、削除しました。


2012年2月26日(日) 


有賀喜一牧師をお招きして、特別礼拝とセミナーを行いました。

聖霊による歩みと、「救いに熱心な主」の大きな証しが心に残りました。感謝!

写真は、午後のセミナーが終わった後の集合写真。

メッセージに恵まれて、笑顔がはじけております!

追記:写真は、日時を経ておりますので削除しました。



2010年7月13日(火)

もう、7月のことになりますが、オイビン・モーラ宣教師のスペシャルメッセージがありました。


モーラ宣教師はノルウェー生まれで、現在は中国系シンガポール人の奥様と結婚されてシンガポール在住。

インドや東南アジアを中心に、生まれ故郷の北欧にも宣教されています。

モーラ師の伝道集会では、特にインドでは病気のいやしが多数起こり、多くの方々がイエス様を信じています。

モーラ師の伝道団体「リバイバルミッション」のホームページはこちら。

英語ですが詳細なプロフィールと伝道集会のビデオを見られます。


モーラ師のメッセージは、ひと言で言うと「神の恵みについて」。

その理由が今回分かりました。

シンガポールで出席されている教会が「ニュークリエーションチャーチ」という教会で、ここを始められた牧師も、「神の恵み」について語っているとのこと。


今回は、「信仰」について。自分で行おうとするのではなく、主ご自身に行っていただく信仰の大切さについて教えられました。

モーラ師をはじめ、通訳の福野牧師先生もありがとうございました!

あ、写真は撮り忘れていて、残念ながらありません。申し訳ありません。

牧師 谷清志



2009年12月6日(日)

露のききょうさんによる、聖書落語「教会根問」(きょうかいねどい)

↓この行事は終了いたしました。
2009年12月6日(日)露のききょうさんチラシ
↓様子
CA341511_convert_20091209150529.jpg


12月6日(日)、主日礼拝の中で、露のききょうさんによる、証し(体験談)と聖書落語「教会根問」(きょうかいねどい)がありました。

証しの時には、お父様の露の五郎兵衛さん(今は天国、「露の五郎」の名で長期にわたり活躍)がイエス様を信じるようになった話や、ご自身が信じるようになった話しなどがありました。

また、「教会根問」では、まったく教会も知らないような登場人物が色々と話を聞いていく様子が、楽しくお話され、とても良かったです。

午後の昼食後には、露のききょうさんのお母様、明田川紗英さんからも、短い時間でしたがお話を聞くことができ、楽しい時間になりました。

落語にどっぷり浸かった一日でした。

そういえば、大阪も「上方」になるのでしょうか。
すごい町に住んでいるのだと思わされました。

谷清志

2009年8月29日(土)7時~

福原タカトシコンサート!

チラシを近所にばらまいたわけでもなく。

「教会のみんなで、チラシと招待券でコンサートに案内して下さい!」 

と呼びかけましたら、50人ちょっとの方々がコンサートに参加されました。

福原タカトシコンサート2009年8月
もっときれいな写真をいただきましたら、またUPしますね。

福原さん(ギター&ボーカル)、小牧さん(ピアノ&キーボード&コーラス)、門地さん(パーカッション)

ありがとうございました!


大阪みぎわ

Author:大阪みぎわ
FC2ブログへようこそ!

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード