≪ 2017 09   1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - -  2017 11 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

2017年10月15日(日) 主日礼拝メッセージとプログラム

聖書 ルカの福音書 9章28-45節

メッセージ 「天の栄光、地上の戦い」  谷清志牧師





メッセージ・メモ

✟ 今日の箇所は、山上でイエス様が天の栄光に輝いた姿と、

 下山して悪霊を追い出されたことが書かれています。


✟ 天の栄光 (28-36節)

 ペテロは、この出来事をペテロの手紙第2、1章16-18節で「キリストの威光の目撃」と書いています。

使徒ヨハネは黙示録の中で、同じようなイエス様を見た、と書いています。(黙示録1:12-19)

天の栄光を垣間見せられる出来事でした。


✟ 地上の戦い (37-45節)

 弟子たちは、悪霊を追い出す権威を授けられていたはずでしたが、

今回は追い出せませんでした。

イエス様は、その理由を、「弟子の信仰が薄いから」「祈りと断食によらなければ」(マタイ17:20-21)

と説明しています。

しかし、ルカはその理由を書かずに、「イエス様だからできた」のように書いています。

✟ このふたつの出来事を通して、聖書は、

「イエス様こそ聖書に預言された本当の救いぬし(メシヤ、キリスト)だ」、と語っています。

心の目、信仰の目が開かれるように、お互いのために祈りましょう。









祈りの課題

①天の栄光を望み、感謝をもって毎日を歩むように
②洗礼を受けて1年以内の兄弟姉妹のため
③衆院議員選挙のため。よい人が選ばれるように。選ばれた人が良い働きをできるように。
④イエメン(アラビア半島南端の国)のため






礼拝プログラム
祈り
主の祈り
賛美
      罪、とがを赦され  (聖歌)
      弱いこの足に    (CHOP)
      権力によらず    (CHOP)
聖書朗読
メッセージ
信仰告白  使徒信条
賛美
       主の愛が今   (ざわめき)
感謝献金
賛美
       小羊イエスに  (ワンボイス)
祝祷
後奏
報告
分かち合い

以上











2017年10月8日(日) 主日礼拝メッセージとプログラム

聖書 第1テサロニケ人への手紙 2章1-20節


メッセージ 「福音の偉大さ」  谷志朗牧師





メッセージ・メモ

✟ 1章で信仰と愛と希望の福音の基礎、土台を語ったパウロは、

その土台の上にどんな建物を建てるのか、と2章に入ります。

1、その背景とも言える、ピリピからテサロニケで実際に体験したこと、

 それは、大胆に福音を語る中で苦闘しはずかしめを受けたが、

 迷いや不純な心から人を喜ばせようとしたり、へつらったりはしなかったこと。(1-5節)

 ・自分の権威を主張せず、人からの名誉を受けず、

  命まで与えたいと福音を語った。 (6-8節)

2、私は働きながら、あなたに福音を語ったが、私を受け入れてくれたことは、あなたが証しし、

  神も認めてくれる。(9-16節)

3、私たち(パウロ)は、あなたに会いたい。

 私たちの最後の目標は、主イエスの再臨である。(17-19節)








祈りの課題
①福音の偉大さを知るように
②洗礼を受けて1年以内の兄弟姉妹のため
③受験生のため。特に中学3年生のため
④イスラエルの救いのため。仮庵の祭りが祝福されるように





礼拝プログラム
祈り
主の祈り
賛美
      天が開けて  (ざわめき)
      賛美、主、ハレルヤ  (その他)
      権力によらず      (CHOP祈りの家)
聖書朗読
メッセージ
信仰告白  詩篇23篇
賛美
      権力によらず     (CHOP祈りの家)
感謝献金
賛美
      栄光イエスにあれ  (ミクタム、リビングプレイズ)
祝祷
後奏
報告
分かち合い

以上








2017年10月1日(日) 主日礼拝メッセージとプログラム

聖書 ルカの福音書 9章1-27節


メッセージ 「弟子の覚悟」  谷清志牧師






メッセージ・メモ
✟ イエス様は、9章では12弟子、10章では70人の弟子をつかわして、

 福音を伝え、病気をいやし、悪霊を追い出させました。

 9章から、おもに弟子たちに対する教えが語られていきます。

 これは、私たちにも語られていることだとしっかり受け止めましょう。

(参考: マタイ福音書28章18節~、マルコ福音書16章15節~、使徒の働き1章7節~)


✟ イエス様の周りには、「弟子」「群衆」「疑う人、反対者」の、3グループの人がいました。

弟子と群衆の違いは、

弟子は、「イエス様のために私がいる」と考え、イエス様に従っていくのに対し、

群衆は、「私のためにイエス様がいる」と、自己中心に考える点です。

群衆は、用済みになればイエス様の前から去っていきます。

今日の聖書箇所から見ると、イエス様に従う弟子は、次の覚悟が必要です。

①イエス様こそ、聖書に預言された、ただひとりの救い主(キリスト)だと信じ告白する(20節)

②自分を捨て、イエス様のために死ぬ覚悟で、毎日を、いのちを使う(23-24節)

③この世界のものを第1とせず、目標とせず、イエス様を天国を、第1とし目標とする(25節)

④イエス様を恥としない。クリスチャンであることを恥としない。(26節)









祈りの課題
①イエス様の弟子として、覚悟をもって毎日を歩むように
②洗礼を受けて1年以内の兄弟姉妹のため
③受験生のため。特に中学3年生のため
④中国の教会、主イエス様にある兄弟姉妹のため





礼拝プログラム
祈り
主の祈り
賛美
      天が開けて  (ざわめき)
      賛美、主、ハレルヤ  (その他)
      権力によらず    (長沢崇史)
聖書朗読
メッセージ
聖餐式   主イエスの十字架の血で (ミクタム)
信仰告白  使徒信条
賛美
      あなたの愛に   (メビッグ)
感謝献金
賛美
      驚く仰ぎ見る  (リビングプレイズ)
祝祷
後奏
報告
分かち合い

以上











2017年9月24日日(日) 主日礼拝  メッセージとプログラム

聖書 出エジプト記 23章20節

メッセージ 「中国の教会と宣教の報告」  中国宣教奉仕のスタッフより





メッセージ・メモ

◎今日は、中国宣教に従事しておられる方からの、宣教報告でした。

 事情により、インターネット上にこれらの報告を載せることはできません。

 ご了承ください。



祈りの課題
①中国の教会に、聖書や信仰書が届けられるように。
②洗礼を受けて1年以内の兄弟姉妹のため
③受験生のため。特に中学3年生のため。
④中国の教会のため。イエス様にある兄弟姉妹、家族のため。









礼拝プログラム
祈り
主の祈り
賛美
      さあ、主の家に行き  (リビングプレイズ)
      ビューティフル・ワン  (その他)
      わが神、わが主よ   (リビングプレイズ)
聖書朗読
メッセージ
信仰告白   詩篇23篇
賛美
      主に愛されている者  (ざわめき)
感謝献金
賛美
      主イエスをほめよ  (リビングプレイズ)
祝祷
後奏
報告
分かち合い

以上







2017年9月17日(日) 主日礼拝  メッセージとプログラム

聖書 ルカの福音書 8章40-56節


メッセージ 「キリストの奇蹟」  谷清志牧師





メッセージ・メモ

✟ 今日の箇所も、イエス様がガリラヤ湖の周辺で伝道活動をしておられた間の話です。

前回の「ゲラサ人の地方」から帰ってこられた時、

会堂管理人のヤイロの娘を生き返らせた話と、

その道中、「長血」という婦人病の女性が、イエス様の服のふさにさわっていやされた話です。


✟ こういう奇蹟を読むとき、「イエス様だからできた」と考えるのではなく、

「今日も、イエス様は教会を通して同じことをされている。」

と受け取ることが大切です。

「使徒の働き」を読むと、教会を通して同じ奇跡が起きています。

また、現代も、世界のあちこちで、同様の奇跡が起きています。


✟ 「私にも、同じ奇跡が起きますか?」と思う方がおられると思います。

条件は、

①イエス様を救い主だと信じたクリスチャンであること

②祈ること。宣言すること。

③主の御心ならば、そのことが起きます。

 延期されることもありますし、起きないこともあります。

 しかし、すべて主におまかせしましょう。









祈りの課題
①全員がイエス様のわざ、奇跡の目撃者となるように
②洗礼を受けて1年以内の兄弟姉妹のため
③受験生のため。特に中学3年生のため
④サウジアラビアのため。人々の救いのため





礼拝プログラム
祈り
主の祈り
賛美
       世の終わりのラッパ  (聖歌)
       ビューティフル・ワン  (その他)
       すべて疲れた人    (ざわめき)
聖書朗読
メッセージ
信仰告白  使徒信条
賛美
       主を待ち望む   (プレイズステーション)
感謝献金
賛美
       私は奇跡を信じる  (ミクタム)
祝祷
後奏
報告
分かち合い

以上








大阪みぎわ

Author:大阪みぎわ
FC2ブログへようこそ!

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード