大阪みぎわチャペルへようこそ!

メインページへは、題字をクリック↑。大阪市生野区にある、キリスト教会「大阪みぎわチャペル」の紹介。   天王寺区と生野区の境目にあるので、天王寺区の方にもおすすめ。 プロテスタントのキリスト教会です。

インクジェットプリンタと、レーザープリンタは、どちを選んだらいいか?結論!

教会の電気機器 印刷編 その3

インクジェットプリンターと、レーザープリンターと、どちらを選んだらいいか?



第3回で、結論になってしまいました。案外、書いてみると少ないものです。



インクジェット、レーザーと、どちらも特長があります。


インクジェット

1、写真の印刷が得意

2、厚紙や、凸凹した紙でも、印刷できる

3、薄い色でも、はっきり印刷できる

4、レーザープリンタよりは、本体価格が安い。5万円くらい出せば高級品が買える。


短所

1、水に弱い。濡れると、にじむ。

2、文字を印字すると、文字がにじむ。特に、染料インクの場合。

  →黒だけ「顔料インク」のプリンタの場合、文字等、くっきり印字できます。

   購入時に、確認するポイントですね。


3、裏写りが多少ある。両面印刷に向かない場合もある

  →プリンタによっては、裏写りは少ない。

   エプソンPM-A900は、黒も染料インクなので文字がにじみ、裏写りも強かったです。

   一方、キャノンMP-500は、黒は顔料インクと染料インク2タイプを備え、

   文字はくっきりと印字され、裏写りも少なく、両面印刷しても許容範囲です。


4、印刷面に白いスジが入る時がある。

  →「ヘッドクリーニング」をすれば解決です。

   面倒くさくっても、インクジェットの個性と思って付き合いましょう。





レーザープリンターの特長 (富士ゼロックス Docuprint C525A の場合)


1、文字がきれいに、くっきりはっきり印字できる。

2、印刷スピードが、めっっっっちゃ速い。 特に、モノクロ(白黒)印刷の場合

3、水に強い

4、裏写りが、少ない。 両面印刷に向く。



短所

1、基本的にコピー用紙への印刷専用なので、凸凹の紙や厚紙には向かない。

2、規定枚数に達すると、ドラムを交換しなければならない。この部品が結構高価!(35000円くらい)

3、本体自体が、もともと高価。(うちのは、約8万円しました!)

  コピーできない、「単なるレーザープリンタ」でも、5万円以上する。

  いわゆる「コピー機」ともなると、100万円~200万円くらいを考える必要がある。

  すると、簡単に「買い替え」なんでできませんねえ。


4、インクジェットよりは、電気を食う。(熱でトナーを紙に圧着するため)

5、普通のモードで印刷すると、薄いカラーがぼやける場合がある

6、ナイロン・ビニール等に、印刷面をずっとくっつけておくと、張り付く。

  受付机の透明ビニールの下に置いていたら、紙が張り付いてしまい、取るのが大変でした。



結論!

人数の少ない30人程度の教会だったら、「インクジェット複合機」があれば、十分ではないでしょうか?

もちろん、印刷速度はそこそこ速い程度なので、週報等の印刷物を印刷する時は、時間を考えないといけないでしょうけど、

何かをやり「ながら印刷」をすればいいし、

本体も安いし、インクも詰め替えは安いし、特に部品を替えないといけないこともないし、

複合機なら、コピーも(A4まで)できるし。

電話&ファックスまでついてるのもあったかなあ。


レーザープリンタは、経済的に余裕があれば購入し

「サブ」の役割で置いて、

「ここぞ!」という時に綺麗にコピー用紙へ印刷するというのは、どうでしょう?


うちの教会では、両方与えられましたので、片方がトラブルの時に、助けてもらえて、

そういう点では、2台あって助かったなあ、と思っていますが。


以上です。 牧師 谷清志



追記
 エプソンPM-A900は、多機能で嬉しいプリンタでしたが、

この6月だったか、インク送りに空気が入って故障、悪いことに修理期間(5年間)が3月末か4月末に終了していたので、

サヨナラになりました。

電化製品の修理期間って、10年間じゃなかったっけ?とか突っ込みたかったですが、

パソコン関係は「5年で化石」と言われるくらいですから、仕方がありませんね。残念。

写真のフィルムから直接スキャンできるので、現在は、昔の写真フィルムを一生懸命スキャンしている所です。



次回は、音響編を始めたいと思います。


テーマ:聖書・キリスト教 - ジャンル:学問・文化・芸術

コピー機のランニングコスト比較。レーザープリンタか、インクジェットか。

教会の電気機器 印刷編 その2 コピー機のランニングコスト比較。レーザープリンタか、インクジェットか


(2012年9月12日(水) 谷清志)




10年近くも前の話、

教会でどうしてもカラーのプリンターが必要になったとき、

電気屋さんで

「インクジェットとレーザープリンタと、どっちの方が、ランニングコストが安いですか?」

と聞いたところ、

「レーザーの方が、断然安いですよ。」

と言われたので、レーザープリンタを買いましたが、(富士ゼロックスの DocuprintC525A)

色々あって、結局、インクジェットも買いました。(エプソンのPM-A900)


両方使った感想、

ランニングコストは、インクジェットに詰め替えインクを使用した場合が、一番安い。


レーザープリンタは、トナー以外にもドラム代がかかってきます。(電気代も。)

インクジェットに純正インクを使用した場合よりは安いかもしれませんが、

何かと高くつきます。

インクジェット&詰め替えインク、が一番安い。特にトラブルもありません。

ただし、詰め替えでも「エコリカ」は、純正品並みに高いので、遠慮して、

自分で詰め替えるタイプのやつですね、あれを買います。

注意は、その箱に書いてあるとおりに、注意して使うことです。

工作が苦手な人は、詰め替え作業が難しく感じられるかもしれませんが、何度もやれば慣れるかな?


追伸ですが、詰め替えインク購入&使用は、各自の責任で行ってください。私はそこまで保証できませんので。



次回も、インクジェットプリンタと、レーザープリンタを比較してみたいと思います。





テーマ:聖書・キリスト教 - ジャンル:学問・文化・芸術

2012年9月 映画「アメージンググレース」試写会&DVD販売会のお知らせ

映画「アメージンググレース」試写会&DVD販売会のお知らせ


映画「アメージンググレース」試写会&DVD販売会フライアー


2012年9月9日(日)午後2時より、10日(月)午前10時より

日本語字幕、(吹き替え版ではありません) 118分

入場無料

試写会後、おすすめDVD販売を行います。

皆さん、このチャンスにぜひお越しください。

テーマ:聖書・キリスト教 - ジャンル:学問・文化・芸術