大阪みぎわチャペルへようこそ!

メインページへは、題字をクリック↑。大阪市生野区にある、キリスト教会「大阪みぎわチャペル」の紹介。   天王寺区と生野区の境目にあるので、天王寺区の方にもおすすめ。 プロテスタントのキリスト教会です。

教会の電気機器 音響編 その2  音響の基本、電気は足りているか?

教会の電気機器  音響編 その2  音響の基本、電気は足りているか?


独身時代、教会のクワイアー「プレゼンシア」で色々な教会を訪問していた時です。

その日は、エレキギターが参加するコンサートでしたが、リハーサルで

「ギターの音が大きくならない!!!」というトラブル発生!

一応、音は出ているのですが、ボリュームを10まで上げても、2か3程度の音しか出ないのです。

さて、問題です。

原因は何だったでしょうか? 下の図を見て考えてみてください。

ちなみに、「エフェクター」とは、ギターの音を変化させる機械です。

ギター解決前


答え 原因は、壁のコンセントからエフェクターまでの電源の線が細い、という事です。

  電気の量が足りずに、2か3までしか音が出なかったのです。

 ↓下図のように、少し太い延長コードで、アンプとエフェクターの電源を別々に取ると解決しました。

ギター解決後


ギターのアンプは、15W(ワット)とか30W(ワット)程度の小さなアンプでも、結構太い電源ケーブルが付いていたりします。

音響機器は、音が出るときには電気を「ワッ」と使い、音が出ないときには電気をあまり使いません。

つまり、強弱の変化が激しいのです。

音を安定させるために、音響機器はW数の割には、比較的太い電源ケーブルが使われています。

ですから、延長コードは、W(ワット)数に関わらずなるべく太いものにします。



「ステレオマニア」の店では、1m数千円から1万円以上の高価な電源ケーブルが売られています。

それは、電源ケーブルで音が違うからだそうですが、

教会はステレオを聞く場所ではないので、音質うんぬんは後にしておいて、

とりあえず「太い電源ケーブル・延長コード」と覚えてください。




応用

私が聖書学校で学んでいた時代、実習先の教会でパソコンや電気に詳しい方がおられて、よく質問しました。

楽しい時間でした。 ある日、

「何で、電源ケーブルは『巻いたままで使用しないで下さい』って書いてあるんですか?」

と聞きました。すると、

「巻いたままだと、電気が上手く流れない。

 だから、ほどいて使うんだよ。」と教えてもらいました。

「音響だったら、大きな音がワッと出るとき、電源ケーブルが巻いてあったら

 電気が足りなくて『プスッ』になるかもね。」

「パソコンでも、特にマックは電気が足りないとフリーズしたりするよ。

 だから、本体の電源は壁から取った方がいい」 (1998年の話)

など、色々教えてもらいました。


教会の音響も、高価な機器を買う前に、電源まわりをしっかり整理するときっちりした音になる場合があると思います。

①ブレーカーから壁コンセントまで、②コンセントから機器までのケーブルを見直してみましょう。

ご相談は、地域のクリスチャン音響屋さんへお願いします。

インマヌエルシステム 斉藤さん (大阪府枚方市)

大阪シャローム 光野さん(HPが無いようです?)

名古屋方面では、プレイズネットワーク(プレイズ出版の音響部門)

東京方面では、MAG(エム・エー・ジー)、でしょうか。私が知る限り。

おそらく、各地方に音響の相談に乗ってくれるクリスチャンの方がおられるはず!

その際、この方々はボランティアではなく「仕事」でやっておられることをお忘れなく。

クリスチャンの方ですから、ぼったくられることはありませんが、有料と思ってご相談ください。

相談だけなら無料かな? 以上

牧師 谷清志

テーマ:聖書・キリスト教 - ジャンル:学問・文化・芸術

iPS細胞研究についていろいろ聞いた意見。

iPS細胞について色々聞いた意見

                 牧師 谷清志


「iPS細胞研究の、山中伸弥教授にノーベル賞」というニュースで一躍脚光を浴びたiPS細胞ですが、

教会の中外で色々な意見を聞きました。

私が聞いた話を思い出しながら文章にしていますので、内容等、正確性は欠くかも知れませんが、そのまま載せます。ご了承ください。


①これは、命にかかわる事です。

 1年ほど前か、NHKの特別番組で山中教授が「人間と爬虫類の合成生物なども作れる」と言っていました。

同性愛者同士の遺伝子で、子を「作る」こともできるそうです。

それを見て、ぞっとしました。

(註:NHKのこの番組の説明については、こちらを。http://www.nhk.or.jp/special/onair/100918.html

神(創造主)が定められた生命の境界線を越えることをしているのでは、と思わされます。

アダムとエバがエデンの園を追放された時、「いのちの木からも取って食べないように」とケルビムと炎の剣を置かれた、とありますが、

iPS細胞研究によって可能になることは、「いのちの木から実を取って食べる」ことではないかと思わされます。



②ノーベルがダイナマイトを発明した時、「人類の平和利用のため」が彼の願いでしたが、

彼の願いに反して戦争にダイナマイトが利用されたのを悲しみ、「ノーベル賞」が設立されました。

原子力も、「平和利用=発電」という名目で研究が進められましたが、戦争道具に利用されました。

平和利用=発電とは言っても震災による事故でこんな現状です。

iPS細胞研究も、研究されている方々は純粋に「医療のため」とか、研究に対する興味で情熱を注いでおられることと思いますが、

歴史を見ると、この研究でさえも悪い人々によって悪く利用されるのではないかと思わされます。



③ 真っ先に思い浮かんだのは、ヨハネの黙示録13章、「『獣』が死ぬほどの傷も治ってしまった」の箇所です。

終末の患難時代、世界を支配する「獣」は、こういった「生命医療」を利用して死ぬほどの傷をも治し、人々を驚かせ自分を崇める様にするのではないか。

人間がiPS細胞研究によって「死」を克服しようとしているのではないか。

このような技術が可能になってきたということは、本当に終末が近づいていることを思わされます。



④ 生命・生物に関わる事です。

神は、「種類に従って」生物をお造りになりました。

神が定められたものを、人間が越えるということを、神はそのままにしておかれないと思います。

「クローン羊のドリー」という羊がおりましたが、短命でした。

生物(もしくは、細胞・DNA)という存在は、人間が簡単に操れるものではありません。

とは言え、研究が進むと色々なことが可能になってくるでしょう。

神は、どこかでストップをかけられると思います。



⑤ 最後、私が思うに、

iPS細胞でやろうとしている臓器再生や医薬の研究は、クリスチャンにとっては

「祈っていやされればいいんじゃない?」

という内容です。

創造主(=神)をご存知でない方々は、「何とかして健康を医療によって実現!」と頑張っておられるのですが。

それを考えると、何とクリスチャンは楽なのだろうと思わされます。

「求めなさい、そうすれば与えられます。」という神の恵みは、どれほど大きいことか。


更に言えば、

「ノアの洪水」の原因のひとつは、「神の子と人の子の婚姻、ネフィリム(巨人)の出現」です。

(創世記6章)

「神の子=信仰者、人の子=信仰を持たない者」という解釈もありますが、

「神の子」が御使いを指し、「人」は前後の文脈でも人間を指すことから、ここは

「御使いと人間という、『種』を越えた婚姻」と解釈する方が自然だと思います。

もちろん、「御使いと人間がどうやって子孫を残すのか?」という大問題は残りますが。

ともかく、

神の定めた「種類」を超えて、生物が「混ざる」のは、律法の言う「汚れた状態」であって、

神は、iPS細胞によって「種類」が混ざるのは良しとされない、と考えます。

今は、ノーベル賞によって脚光を浴びていますが、

これが悪い結果を生み出さないように祈るばかりです。

以上!

テーマ:聖書・キリスト教 - ジャンル:学問・文化・芸術

教会の電気機器 音響編 その1  音響は重要です。

教会の電気機器 音響編 その①

「音響は、重要です。」


教会の礼拝堂に必要な機能は、コンサートホールと同じと言ったら言い過ぎでしょうか。

①音響 ②照明 ③空調  (あえて言えば④スタッフの対応)

この3つが重要です。


まず、①音響についてしばらくやりたいと思います。



かなり前、知り合いのお父さんが事故で突然召天されましたので、前夜式に教会を訪ねました。

初めて行く教会です。

礼拝堂は100-120人くらい入る大きさで典型的な「教会」といった雰囲気の教会でした。

しかし、最悪だったのは、その音響です。

司式者がひと言しゃべると「ブォーン、ブォーン」「ボゥワーン」(カタカナで表現しにくい!)と中低音が鳴り響き、

その雑音で言葉がかき消されてしまいます。

よっぽど集中しないと、何を言っているのか聞き取れません。

集中力を使いすぎて、式を終えて帰る時には、どっと疲れてしまい、

これなら、マイクを使わなかったほうがメッセージに集中できたかもしれない、と思いました。



教会は、聖書の言葉が中心であり、メッセージや賛美がなされます。

ですから、音響はとても重要なのです。

最低限、「疲れずにメッセージが聞ける」環境作りは必要です。


大阪みぎわチャペルでは、当初から、現在の礼拝堂を改築する際にも、音響設置はプロの

インマヌエルシステム 斉藤さん 

お任せしました。

ですから、上記のような事にはなったことはありません。(他のトラブルはありますが。)

去年、告別式に来られた60代70代の男性から「話が聞き取りやすかった!いい音だね!」と言われて、嬉しかったですね。


教会が始まった時、私自身は音響についてはほとんど知りませんでしたが、

それからかれこれ10年ちょっと、自分なりに勉強しましたので、基本的なところは分かりました。



はい、では、上記の教会の問題は何でしょうか?

1、コンポの「マイク入力」を利用していること

 ステレオコンポ、オーディオコンポです。↓こんなの。大きさは色々ですが。

 コンポ

 コンポは、「音楽を聴く」のが第1ですから、マイクの拡声用に作られていません。

 コンポのマイク入力は、音楽に合わせて歌う程度だと考えた方がいいと思います。

 コンポでマイクの音量を上げると、「キーン」「ファーン」「ブォーン」等の雑音(ハウリング)が発生します。


解決

この場合の解決方法は、マイク拡声用の「PA機器」を導入することです。

いわゆる、↓こんなスピーカーと、アンプとマイクですね。
ステージパス ヤマハ

この写真は、スピーカーとスタンド(脚)、アンプ(増幅器)のセットですが、7万円弱です。

これに、しっかりしたマイクを1本つけても8万円しないくらいです。

これで、100人くらいの会場では、余裕で音が届きます。

プロの人に言わせれば、「もう少しがんばれば、音質も良い機械が買えるけど。。。」

となるかもしれませんが、

日本の伝統的な多くの教会では、礼拝でマイクを使うのはメッセージと司会くらいですし、

音響にそこまでお金を使えない、という教会もあるでしょうから、

これで十分だと思います。



教会の音響を相談されたい方は、

インマヌエルシステム 斉藤さん (大阪府枚方市)

大阪シャローム 光野さん(HPが無いですか?)

名古屋方面では、プレイズネットワーク(プレイズ出版の音響部門)

東京方面では、MAG(エム・エー・ジー)、でしょうか。私が知る限り。

おそらく、各地方に音響の相談に乗ってくれるクリスチャンの方がおられるはずですので、探してみるべし!

「この教会では、メッセージがクリアにはっきり聞けてよかったです!」と言ってもらえる環境を作りましょう!

牧師 谷清志



テーマ:聖書・キリスト教 - ジャンル:学問・文化・芸術