大阪みぎわチャペルへようこそ!

メインページへは、題字をクリック↑。大阪市生野区にある、キリスト教会「大阪みぎわチャペル」の紹介。   天王寺区と生野区の境目にあるので、天王寺区の方にもおすすめ。 プロテスタントのキリスト教会です。

教会の電気機器 空調編 その3 省エネのエアコンに買い替えたほうがいいか?

教会の電気機器 空調編 その3 省エネのエアコンに買い替えたほうがいいか?

(2013年8月22日 谷清志)



数年前から、教会へひっきりなしにエアコン屋さんから電話がかかってきました。

聞くと、「省エネエアコンになっているから、10年以上前のエアコンなら、買い替えた方がお得です」

とのこと。

しかし!

よく考えると、エアコン1台買い替えようとしたら、いくらかかるか?

教会の大きさのエアコンなら、20万、30万(もっと?)かかるでしょう。

もし、スーパーのように毎日、朝から晩までエアコンつけっぱなしなら、電気代の節約にもなるでしょうが、

教会はエアコンも極力つけないようにして電気代を節約し、献金が無駄にならないように気をつけています。

おそらく買い替えても、電気代は最大でも年間数千円の違いにしかならないでしょう。

現在の結論は、

「壊れるまで、使いましょう。そのほうが、大きくみると省エネです。」



さて、話は少し違いますが、

ずいぶん前の新聞記事で、エアコンの「年間電気代が○○円節約できます!」とのお店の表示について、

「それは、『爆風モード』という強力な電気の使い方をしたときの話で、

 実際、家庭で使っている程度の電気代なら、もっと違いは少ない」

という内容を読みました。

ということは、新製品の実際の電気代の節約は、年間数千円か数百円程度だろう、ということです。

今、お店ではどういう表示になっているでしょうか?

お店の表示は、「最大の場合だ」ということを考えて、○○円節約などという表示は、参考程度にした方がいいです。

以上!




テーマ:聖書・キリスト教 - ジャンル:学問・文化・芸術

教会の電気機器 空調編 その2 エアコンを購入する際は、音の大きさも考えましょう。

教会の電気機器 空調編その2 エアコンを購入する際は、音の大きさも考えましょう。

(2013年8月22日 谷清志)



もう10年以上前になりますが、何かの集会で

兄弟団 西宮教会に初めて行った時のことです。

横の壁面にいくつか大きめの穴が開いていて、そこから冷たい空気が出て来ていました。

ほぼ無音です。

結果、マイクの音量は小さくて済むし、長時間聞いていても耳が疲れません。

どこかのホールのような、こだわりの造りだなあ、と思いました。



エアコンを動かすと、室外機はともかく、室内機が結構「ゴー」とか「ザー」とかうるさい場合があります。

すると、話が聞こえにくかったり、という弊害も起こります。

現在、そういうエアコンならば、フィルターを掃除するとか、内部の掃除をするとか、

あとは、「弱」で動かすとか、

それくらいしか対策はないと思いますが、

次回購入する際には、「静かなエアコン」を選んでいただきたいと思います。

エアコンが静かなら、かなり耳の疲労度が違ってきます。


もし、これから教会を建築する、という場合には、空調がどうしたら静かになるかを話し合って、

ぜひとも静かな空間を造っていただきたいと思います。




おまけ

自宅で使用している家庭用エアコンですが、「静かモード」という「風の強さ」がついているものとついていないものとがあります。

たぶん、メーカーの違いではなく、グレード(高価か安いか)の違いではないかと思うのですが。

静かにしたい時は、けっこう、役に立つので、購入する際は考えていただきたいです。


以上!





テーマ:聖書・キリスト教 - ジャンル:学問・文化・芸術

教会の電気機器 空調編 その1 エアコンのフィルターは、こまめに掃除しましょう。

教会の電気機器 空調編 その1 「エアコンのフィルターは、こまめに掃除しましょう。」

(2013年8月)



今年の夏、教会の大きなエアコン(1階に1台、2階に1台)の内部を掃除することになりました。

2階のエアコンは、数年前に1度掃除したのですが、

1階のエアコンは、そう言えば、14年間1度も掃除してない。。

掃除屋さんも、「1階のエアコンは、すごい汚れてましたねえーーー。」と言っておられました。

おかげで、「ゴーゴー」言いながら動いていたエアコンが、

「スカーーーー」っと動いてくれるようになりました。感謝!




夏、まだまだ暑いですが、エアコンをよく使う時期だと思いますので、少しだけ空調編を書きます。

私が若い時いた教会で、ある冬、

「最近、エアコンを入れると、グゴゴゴゴゴーーーっと、音が大きくなったような。。。」

と感じるときがありました。

その教会では、少し高い講壇の床下にエアコンの室内機を入れ込んで、

そこから、冷気や暖気を送っていました。

今思えば、凝った造りですね。

で、音が大きく感じたので、床下をのぞいてみると、エアコンのフィルターにホコリが1センチくらいの厚さで「積もって」いました。

掃除機でホコリを吸い取った後、案の定、騒音はなくなり、「スカーーー」っと動きました。

これをきっかけに、私が「エアコンフィルター掃除のムシ」になったと言っても過言ではありません。


教会でも、家でも、エアコンのフィルターが詰まると、

①エアコンが効きにくい

②電気を余計に使う

(③その分、早く壊れるかも?)

ということになるらしいですから、エアコンフィルターは、こまめに掃除しましょう。

経験では、夏よりも冬の方がすぐホコリがたまります。

たぶん、着ている服の毛が多いからでしょうね。舞うんですね。


あーそれと、できれば、室外機も点検して、

ホースの水(あれば高圧洗浄機)で汚れを掃除すれば、多少エアコンの効きがよくなると思います。


では。 次回は、空調の騒音について書きたいと思います。

テーマ:聖書・キリスト教 - ジャンル:学問・文化・芸術