大阪みぎわチャペルへようこそ!

メインページへは、題字をクリック↑。大阪市生野区にある、キリスト教会「大阪みぎわチャペル」の紹介。   天王寺区と生野区の境目にあるので、天王寺区の方にもおすすめ。 プロテスタントのキリスト教会です。

2016年6月26日(日) 主日礼拝メッセージとプログラム

2016年6月26日(日) 主日礼拝メッセージとプログラム

聖書 へブル人への手紙11章6-16節

メッセージ 「天の故郷を思う信仰」  谷清志牧師




メッセージ・メモ

✟ へブル人への手紙11章では、アベルからサラまで語った後、

「これらの人々は、・・・天の故郷にあこがれていた」、と書かれています。

私たちは、どうでしょうか?


✟ 私たちにとって、天の故郷とは、

1)イエス様がおられる場所です。(今、イエス様は聖徒たちのためにとりなしをしておられます)

2)そこから、世の終わりの時にイエス様が雲に乗って地上に下りてこられます。

3)私たちは天に住んでいた記憶はありませんが、私たちの命の故郷です。

4)多くの御使いたちの大祝会(へブル12:22-24)が待っている場所です。

5)天で用意されているものがあまりに素晴らしいので、この世界のものがつまらなく見えます。

 また、今どんなに苦しいとしても、耐える力を与えるものです。

✟ 天の国は、本当にあるもので、人間の空想の産物ではありません。

 イエス様の十字架と復活、再臨を心に覚えつつ、新しい天、新しい地を待ち望みながら歩んでいきましょう。








祈りの課題
①天の故郷を確信して、毎日を歩むように
②洗礼を受けて1年以内の兄弟姉妹のため
③牧師のいない教会に、牧師や働き人が与えられるように。
 各地域教会の信仰が強められるように
④ラマダン(断食月)のイスラム教徒のため







礼拝プログラム
祈り
主の祈り
賛美
    主の栄光、宮に  (リビングプレイズ)
    イエスは みことば、賛美  (ミクタム)
    主よ、来てください  (ざわめき)
    主は良いお方     (長沢崇史)
聖書朗読
メッセージ
信仰告白   詩篇23篇
賛美
    主は導きをもって  (その他)
感謝献金
賛美
    主の喜びとなりたい (その他)
祝祷
後奏
報告
分かち合い

以上









テーマ:聖書・キリスト教 - ジャンル:学問・文化・芸術

2016年6月19日(日) 主日礼拝メッセージとプログラム

2016年6月19日(日) 主日礼拝メッセージとプログラム

聖書 創世記17章15-22節

メッセージ 「サラの信仰」  谷清志牧師




メッセージ・メモ

✟ アブラハムの妻、サラの信仰についてです。

「信仰によって、サラも、すでにその年を過ぎた身であるのに、子を宿す力を与えられました。
 彼女は約束してくださった方を真実な方と考えたからです。
 そこで、ひとりの、しかも死んだも同様のアブラハムから、天の星のように、また海辺の数えきれない砂のように数多い子孫が生まれたのです。」
へブル人への手紙11章11-12節 (新改訳)

✟ サラの信仰は、主の言葉がその通りになると信じたことです。

 しかし、創世記見ると、アブラハムとサラは何度も主の言葉を「笑った」と書いてあります。

 なかなか信じられなかったのです。

 そのサラに、主は「本当に子どもを産むんだよ、」と何度も語り、信仰を与えられました。

 その子の名前は、「イサク=笑い」と言う名前です。

 サラは、イサクが生まれた後、

「神は私を笑われました。聞く者はみな、私に向かって笑うでしょう。」(21章6節) と語りました。

アブラハムが100歳、サラが90歳の時でした。

私たちも、「自分の言った告白通りになる、」ではなく、主の言葉が実現する、と信じましょう。







祈りの課題
①不可能に思える事に、主からの信仰を持つように
②洗礼を受けて1年以内の兄弟姉妹のため
③7月の参院議員選挙のため。不正が行われないように
④ラマダン(断食月)のイスラム教徒のため。イエス様を救い主、神の言葉と信じるように







礼拝プログラム
祈り
主の祈り
賛美
     丘に立てる荒けずりの (聖歌)
     イエスにあがなわれて (ミクタム)
     主は良いお方      (長沢崇史)
聖書朗読
メッセージ
信仰告白  使徒信条
賛美
     主はあなたを守る方  (その他)
感謝献金
賛美
     私は奇跡を信じる  (ミクタム)
祝祷
後奏
報告
分かち合い

以上









テーマ:聖書・キリスト教 - ジャンル:学問・文化・芸術

2016年6月12日(日) 主日礼拝メッセージとプログラム

2016年6月12日(日) 主日礼拝メッセージとプログラム

聖書 ガラテヤ人への手紙 6章1-18節

メッセージ 「重荷を負うこと」 谷志朗牧師





メッセージ・メモ

✟ ガラテヤ書は、ここまで主イエスの福音を信じること、律法の働き、などが中心でした。

 5章から6章は実践の章です。

✟ 6章は、まず信者の助け合いについて(1-10節)

 ・私たちは、教会・キリストの身体となったのだから、「自分が」ではなく、「互いに」重荷を負い合いなさい。助け合いましょう。

 こえrが、キリストの律法を全うする。

◎思い違いをしないように (6-10節)

 人間関係でも、現実的な奉仕でも、み言葉の種のことをよく知っていなさい。

 愛の種をまきましょう。

◎ 最後の勧め (11-18節)
 ・サタンと世と自分によく注意しよう
 ・キリストの十字架以外を誇りとしてはならない。
 ・私は、キリストの奴隷として仕えている

最後は、祝福の祈り、祝祷で終わる。








祈りの課題
①クリスチャンが互いに愛し合い助け合うように
②洗礼を受けて1年以内の兄弟姉妹のため
③7月の参院議員選挙のため。不正が行われないように
④ラマダン(断食月)のイスラム教徒の救いのため





礼拝プログラム
祈り
主の祈り
賛美
       主は良いお方 (長沢崇史)
       この日は主が造られた  (ミクタム)
       主イエスの十字架の血で (ミクタム)
聖書朗読
メッセージ
信仰告白  詩篇23篇
賛美
       主はわれらの太陽  (長沢崇史)
感謝献金
賛美
       栄光イエスにあれ  (リビングプレイズ)
祝祷
後奏
報告
分かち合い

以上









テーマ:聖書・キリスト教 - ジャンル:学問・文化・芸術

2016年6月5日(日) 主日礼拝メッセージとプログラム

2016年6月5日(日) 主日礼拝メッセージとプログラム

聖書 創世記11章27節ー12章9節

メッセージ 「アブラハムの信仰」  谷清志牧師




メッセージ・メモ

✟ へブル人への手紙11章で、アブラハムについて1番長く書かれています。今日は、1回目です。

「信仰によって、
 アブラハムは、相続財産として受け取るべき地に出て行けとの召しを受けたとき、
 これに従い、どこに行くのかを知らないで、出ていきました。
 信仰によって、彼は約束された地に他国人のようにして住み、
 同じ約束をともに相続するイサクやヤコブとともに天幕生活をしました。
 彼は、堅い基礎の上に建てられた都を待ち望んでいたからです。
 その都を設計し建設されたのは神です。」
 へブル人への手紙11章8-10節

✟ アブラハムは、現在のイラクにあったウルという町出身です。
 主の声を聞いて、そこから現在のイスラエルへ直線で1000キロを移動します。
 75歳の時でした。
 ウルやハランの町は、偶像礼拝の町でした。
 そこで、どのようにして「主(ヤハウェ)」を信じるようになったかは、ここに書かれていません。
 しかし、主の言葉に従い、おそらく言葉も習慣も気候も違う場所に、テント暮らしの遊牧民として移住していきます。
 天の国を求めていたからです。
 この信仰が、へブル人への手紙を読む人たちの信仰を励ましました。




祈りの課題
①アブラハムの天の国を求める信仰をいただくように
②洗礼を受けて1年以内の兄弟姉妹のため
③熊本・大分の震災の回復と復興のため。
④香港(ホンコン)と、教会、クリスチャンのため。








礼拝プログラム
祈り
主の祈り
賛美
    ほめよ、全地よ  (リビングプレイズ)
    ハレルヤ、全地の主 (その他)
    主は良いお方    (長沢崇史)
聖書朗読
メッセージ
聖餐式  賛美:主イエスの十字架の血で(ミクタム)
信仰告白 使徒信条
賛美
    だれでもキリストの内に (ミクタム)
感謝献金
賛美
    栄光イエスにあれ   (リビングプレイズ)
祝祷
後奏
報告
分かち合い

以上














テーマ:聖書・キリスト教 - ジャンル:学問・文化・芸術

2016年5月29日(日) 主日礼拝メッセージとプログラム

2016年5月29日(日) 主日礼拝メッセージとプログラム

聖書 詩篇73篇1-28節

メッセージ 「主を求める」   谷清志牧師





メッセージ・メモ

✟ 「主を求める」とは、信仰者でしかできないと、ローマ人への手紙で書かれています。

「『主の御名を呼び求める者は、だれでも救われる』のです。

 しかし、信じたことのない方を、どうして呼び求めることができるでしょう。」(10章13-14節)

「信仰がなくては、神に喜ばれることはできません。

 神に近づく者は、神がおられることと、神を求める者には報いて下さる方であることとを、信じなければならないのです。」

(へブル人への手紙11:6)

詩篇は、主を求める言葉で満ちています。


✟ 主を求めるとは、

1)一緒にいたいと思うこと、愛することです。
2)公正な裁判や政治が行われるよう、悪者がいなくなるよう、主に求めます。
3)敵から守られ救われることを、主に求めます。
4)どう進むべきか、御心を主に求めます。
5)病からのいやしを主に求めます。
6)新約では、罪・暗闇・サタンの支配からの救いを求めて、全世界の人が主を求めます。
(参照、1列王22:7-8、 1歴代16:10、28:9、 2歴代15:2、16:2、18:6、 イザヤ51:1、使徒15:17、 2テモテ2:22)

たとえ時間がかかったとしても、主を求めて、主に飢え渇いて歩んでいきましょう。






祈りの課題
①主を求める心が与えられ、答えを得るように
②洗礼を受けて1年以内の兄弟姉妹のため
③熊本、大分の震災の回復と復興のため。
④マカオのため。教会とクリスチャンのため。





礼拝プログラム

祈り
主の祈り
賛美
      感謝をささげることは  (ミクタム)
      主イエス、神の愛    (日の昇る国)
      主は、良いお方     (長沢崇史)
聖書朗読
メッセージ
信仰告白  使徒信条
賛美
      主は、良いお方  (長沢崇史)
感謝献金
賛美
      主は、われらの太陽  (長沢崇史)
祝祷
後奏
報告
分かち合い

以上








テーマ:聖書・キリスト教 - ジャンル:学問・文化・芸術