大阪みぎわチャペルへようこそ!

メインページへは、題字をクリック↑。大阪市生野区にある、キリスト教会「大阪みぎわチャペル」の紹介。   天王寺区と生野区の境目にあるので、天王寺区の方にもおすすめ。 プロテスタントのキリスト教会です。

2017年1月15日(日) 主日礼拝 メッセージとプログラム

2017年1月15日(日) 主日礼拝 メッセージとプログラム

聖書 ヨブ記 42章1-17節

メッセージ 「ヨブの信仰」 谷清志牧師



メッセージ・メモ

✟ ヨブは、アブラハムと同時代の人で、現在のヨルダンからイランのあたりのどこかにあった「ウツの地」に住んでいました。

 信仰的で謙遜な正しい人でした。

 しかし、家族、持ち物、健康を失います。(1-2章)

 ヨブ記最後のあたりで、「私は正しいのに、こういう出来事を起こされた主が間違っている」

とヨブが言った点が責められます。(32章~)

 ヨブは、主の語りかけを聞いて、自分が悪かったと答えます。(40章3-5節、42章1-6節)

 その後、ヨブは主の祝福を受け、家族や持ち物が回復されます。

 ヨブの信仰は、自分に理解できないことが起こっても、主がそれを最善にしてくださるのだ、という信仰です。


✟ 日本でも、「良い事をしたら、良い事が返ってくる」、「因果応報」、などと言われますが、

 いつもそうなるのではありません。

 良い人に悪いことが起こったり、悪い人に良い事が起こったりします。

 それを見ると、「おかしい。不公平だ。」と思いたくもなりますが、

 主はそのような私たちに、

 「あなたは、世界のすべてを知っているのか?私のほうが悪いと言えるのか?」

 と、語られると思います。

 すべてを知っておられる主にすべてを任せて、感謝と共に今年も歩んでまいりましょう。





祈りの課題
①毎日、感謝と共にあゆめるように
②洗礼を受けて1年以内の兄弟姉妹のため
③教会員お互いのため。励ましと慰めがあるように
④中国のため。聖書など、必要が満たされるように






礼拝プログラム
祈り
主の祈り
賛美
      来たれ、イエスを  (ミクタム)
      祝福の神      (主の栄光の中)
      夢見人-ドリーマー  (その他)
聖書朗読
メッセージ
信仰告白   使徒信条
賛美
      主は道を    (リビングプレイズ)
感謝献金
賛美
      聖なる御名、あがめます  (ミクタム)
祝祷
後奏
報告
分かち合い

以上









テーマ:聖書・キリスト教 - ジャンル:学問・文化・芸術

2017年1月8日(日) 主日礼拝 メッセージとプログラム

2017年1月8日(日) 主日礼拝 メッセージとプログラム

聖書 ピリピ人への手紙 1章1-30節


メッセージ 「喜びの福音」  谷志朗牧師






メッセージ・メモ
✟ 新年を迎えて、目標に向かって進みましょう。

 私たちの人生の成功と失敗は、どの目標を持つか、切なる祈りをもって神の導きをいただくか、

 聖書のことばと聖霊によるか、で決まります。

 目標が与えられたなら、その目標の中に入り、呼吸すること奇跡が起こります。


✟ 今回からピリピ人への手紙を連続して読みます。

 パウロは、紀元60年ごろ、おそらくローマの獄中で、ピリピの町の教会へ手紙を書きました。

 「喜びの福音に生きるように」 と言っています。


1、冒頭のあいさつ (1-11節)

 あいさつ、感謝、パウロの祈り、と続きます。

 あなたはどうですか。

 新しい年を祝福しましょう。

 霊に燃えて主に仕えましょう。


2、パウロの入獄とその意味 (12-26節)

 主にある苦労や苦しみは、神の愛と祝福に転じます。

 ただキリストのために生き、主イエス様を喜び、

 家族に感謝し、主イエス様にある家族=教会を愛し、信じ、希望に輝きましょう。







祈りの課題
①教会員互いが、豊かな喜びの実を結ぶように
②洗礼を受けて1年以内の兄弟姉妹のため
③大阪府知事と府議会、大阪市長と市議会のため
④ユダヤ人、イスラエル人がイエス様をメシヤと信じるように






礼拝プログラム
祈り
主の祈り
賛美
      イエスは勝利を取られた  (ミクタム)
      見よ、私は新しいことをする  (ざわめき)
      夢見人(ドリーマー)       (その他)
聖書朗読
メッセージ
信仰告白  詩篇23篇
賛美
      イエスは勝利を取られた   (ミクタム)
感謝献金
賛美
      栄光イエスにあれ  (ミクタム)
祝福
後奏
報告
分かち合い

以上







テーマ:聖書・キリスト教 - ジャンル:学問・文化・芸術

2017年1月1日(日) 元日 新年礼拝 メッセージとプログラム

2017年1月1日(日) 元日 新年礼拝 メッセージとプログラム

聖書 ルカの福音書 24章1-12節

メッセージ 「主の日に起こること」  谷清志牧師





メッセージ・メモ

✟ 聖書の中で「主の日」とは、第1に「世界の終わりの日、悪が滅ぼされ、聖徒が救われ勝利を得る日」を指します。

 もうひとつ、イエス様の復活の後、教会は日曜日のことを「主の日」と呼んで、ユダヤ人信者が安息日を終えてから集まりました。

 つまり、「週の初めの日」のことです。
 
 今日は、週の初めの日について、見ます。

✟ 週の初めの日は、色々な事が始まった日です。

1)世界の創造が始まった日 (創世記1:1-5)

2)イスラエルの民がエジプトを脱出した日 (出エジプト 12:1-6、31-42)

3)イエス様が復活された日 (ルカ24:1など)

4)聖霊降臨日、ペンテコステの日 (使徒2:1)

5)使徒ヨハネは、主の日に啓示を受け、「ヨハネの黙示録」を書きました。 (黙示録1:10)

【6)、イスラエルの民が約束の土地に入り、マナが降らなくなった日(ヨシュア5:10-12)については、その可能性がある、にとどめる。】


✟ 毎日、毎週、毎年、今まで見たこともないことを、主イエス様が見せて下さると期待して、希望をもって歩んでいきましょう。







祈りの課題

①新しい主のわざを期待して祈るように
②洗礼を受けて1年以内の兄弟姉妹のため
③日本の教会とクリスチャンにリバイバルを
④世界宣教が早く達成されるように





礼拝プログラム
祈り
主の祈り
賛美
      み神の愛をば  (讃美歌)
      見よ、私は新しいことをする  (ざわめき)
      夢見人 ドリーマー  (その他)
聖書朗読
メッセージ
聖餐式   主イエスの十字架の血で (ミクタム)
信仰告白  使徒信条
賛美
       大いなる方に  (リビングプレイズ)
感謝献金
賛美
      誉むべきかな、小羊イエス (ミクタム)
祝祷
後奏
報告
分かち合い

以上








テーマ:聖書・キリスト教 - ジャンル:学問・文化・芸術