≪ 2017 02   - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 -  2017 04 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

2017年3月26日(日) 主日礼拝 メッセージとプログラム

聖書 ルカの福音書 7章36-50節

メッセージ  「あふれる感謝」  谷清志牧師





メッセージ・メモ

✟ 今日の箇所を読むときに大事な点は、聖い主の前に、罪の大小は比べられないこと、

 また、感謝の大きさは罪の自覚の大きさによる、ということです。


✟ 「罪深い女」(37節)とは、売春など性商売をしている人のことで、周りからは罪人として後ろ指をさされる人、

律法によれば、死刑になる人でした。

この女性が塗った石膏(せっこう)のつぼに入った香油は、結婚の準備として少しずつ貯めていたナルドの香油と考えられます。

(十字架の直前、マリヤはこの香油のつぼを割って、イエス様にささげました。)

 イエス様が自分の罪のために死なれるということを知ったのでしょうか、

この人は、自分の罪の深さを自覚しているので、感謝にあふれて涙ながらにイエス様に香油をささげました。


✟ 「律法が入ってきたのは、違反が増し加わるためです。

しかし、罪の増し加わるところには、恵みも満ちあふれました。」(ローマ手紙5:20)

「私たちはみな、この方の満ち満ちた豊かさの中から、恵みの上にさらに恵みを受けたのである。

 というのは、律法はモーセによって与えられ、

恵みとまことはイエス・キリストによって実現したからである。」(ヨハネ福音書1:16-17)

罪の赦しの大きさを覚えて、感謝しましょう。







祈りの課題
①罪の赦し(ゆるし)の大きさが心に明らかになるように
②洗礼を受けて1年以内の兄弟姉妹のため
③2016年度、1年間の感謝を
④中国のため。クリスチャンと教会のため








礼拝プログラム
祈り
主の祈り
賛美
      イエス、わが王を  (リビングプレイズ) 
      主の御名、あがめます  (その他)
      あなたの瞳        (プレイズステーション)
聖書朗読
メッセージ
信仰告白    詩篇23篇
賛美
      キリストのために   (リビングプレイズ)
感謝献金
賛美
      ホザナ、栄光、主イエスに   (その他)
祝祷
後奏
報告
分かち合い

以上










2017年3月19日(日) 主日礼拝 メッセージとプログラム

聖書 ルカの福音書 7章18-35節

メッセージ 「誰にほめられたいですか」  谷清志牧師






メッセージ・メモ

✟ バプテスマのヨハネが、イエス様を救いぬしと認める(18-23節)

バプテスマのヨハネは、イエス様が救いぬしであることを知っていました。信じていました。

ここでは、弟子を遣(つか)わして、確認をさせています。


✟ イエス様の評価 (24-35節)

イエス様は、バプテスマのヨハネについて、

「今までの人間の中で、一番偉大だ。」と語りました。

実際、その影響力は大きく、国中の人が罪を告白して彼から洗礼(バプテスマ)を受けました。

 しかし、パリサイ人や律法学者たちは、洗礼を受けずに心を改めませんでした。

逆に、ヨハネやイエス様が自分たちの言う通り動かない、と不平を言っていたのです。


✟ クリスチャンが、イエス様の道、聖書の道に従って歩んでいるとき、

ある人たちが反対して、自分たちの思い通りに動かそうとする時があります。

 しかし、たとえそれが地位の高い人であったとしても、主の道を捨てて妥協してはなりません。

イエス様を信じるとは、イエス様の言葉に従っていくことでもあります。

イエス様に褒められることを、第1としましょう。







祈りの課題

①クリスチャンが、イエス様の道を歩むように
②洗礼を受けて1年以内の兄弟姉妹のため
③異端に引かれている人が、間違いに気づくように
④ロシアとそのクリスチャンのため





礼拝プログラム
祈り
主の祈り
賛美
      あなたの瞳  (プレイズステーション)
      2000年も前にゆるされていた  (ノアミュージック)
      アバブ・オール(Above all その他)
聖書朗読
メッセージ
信仰告白  使徒信条
賛美
      威光・尊厳・栄誉    (ミクタム)
感謝献金
賛美
      小羊イエスに  (シティプレイズ)
祝祷
後奏
報告
分かち合い

以上







2017年3月12日(日) 主日礼拝 メッセージとプログラム

聖書 ピリピ人への手紙 3章1-21節

メッセージ 「神の栄冠を得る」  谷志朗牧師





メッセージ・メモ

✟ ピリピの町の教会は、紫布の商人ルデヤ一家と、占いの霊につかれていた女奴隷、

 牢屋の看守一家が救われて、パウロを助けましたが、

 外からは異端が入り、内ではユウオデヤとスントケ、ふたりの者が一致しませんでした。


①喜びなさい、と言うパウロの信仰 (1-9節) (参照1:15-16、2:2、3:2,4:2、)

私たちにも聖書に出てくる人にも、外側と内側に戦いがあります。

 しかし、パウロは福音において一致をして、喜びなさい、と言うのです。

②私たちの目標は、神の栄冠を得ること (10-16節)

 いま、日本は2020年の東京オリンピックと、2025年の万博に向かっていますが、

 それは、スポーツと経済の目標です。

 パウロの教える目標は、「神の栄冠」(14節)であって、

「この一事に励んでいます。」(13節)と語っています。


③私たちの国籍は、天にある (17-21節)

パウロの信仰の喜びは、天にあるのです。

 聖書の主題は、「神は」であり、私たちは天国を目指し、

主イエスの十字架によって救われ、主の日に天に迎えられることを目指します。

喜びにあふれ、栄光に向かって励みましょう。







祈りの課題
①目標と希望が明らかになって、毎日励むように
②洗礼を受けて1年以内の兄弟姉妹のため
③生野区、天王寺区、大阪市の人々の救いのため
④韓国と韓国のキリスト教会のため、大統領選挙のため






礼拝プログラム
祈り
主の祈り
賛美
      栄光、イエスにあれ  (リビングプレイズ、ミクタム)
      全地よ、ほめよ     (ミクタム2)
      天では、あなたのほか (その他)
聖書朗読
メッセージ
信仰告白  詩篇23篇
賛美
      あなたの瞳   (プレイズステーション)
感謝献金
賛美
      栄光イエスにあれ  (リビングプレイズ)
祝祷
後奏
報告
分かち合い

以上









2017年3月5日(日) 主日礼拝 メッセージとプログラム

聖書 ルカの福音書7章1-17節

メッセージ 「主イエスの権威」  谷清志牧師






メッセージ・メモ

✟ 権威とは、辞書では

「 1、他の者を服従させる威力」  とあります。

権威ある人の命令には、誰もが従います。


✟ イエス様の権威が人々に驚かれたのは、

1、悪霊に命令して出て行かせた
2、病に命令して出て行かせた(または、体に命令して病を治した)
3、律法学者たちの聖書解釈の間違い(言い伝え)を正した。
4、ご自身を、創造主(神)だと宣言した。
  (罪を赦す権威を表明したことなど。)
などを、行われたからです。

✟ ローマ軍隊の百人隊長は、権威の意味を知っていたので、

「イエス様が言えば、その通りになります。」と言いました。

また、死んだ青年を生き返らせることで、イエス様が、

人の命をも握っている権威ある方だということが明らかになりました。

このイエス様の権威に、当時の人々は驚いたのです。

✟ イエス様は、この権威を振りかざして支配してはならない、信徒間では、上に立つ者が仕えるように、と言われました。

実際に、イエス様は弟子たちの足を洗われました。(ヨハネ福音書13章)


祈りの課題
①イエス様の権威を深く知るように
②洗礼を受けて1年以内の兄弟姉妹のため
③大阪市議会、大阪府議会のため
④アルメニアと、その教会、クリスチャンのため





礼拝プログラム

祈り
主の祈り
賛美
      主イエスの聖名   (ミクタム、リビングプレイズ)
      全地よ、神に向かい  (ざわめき)
      あなたの瞳       (プレイズステーション)
聖書朗読
メッセージ
聖餐式   主イエスの十字架の血で  (ミクタム)
信仰告白  使徒信条
賛美
      主イエスの愛は  (リビングプレイズ)
感謝献金
賛美
      アーメン  (その他)
祝祷
後奏
報告
分かち合い

以上






2017年2月26日(日) 主日礼拝 メッセージとプログラム

聖書 ルカの福音書 6章20-49節

メッセージ 「イエス様の教え」  谷清志牧師





メッセージ・メモ

✟ 今日の箇所は、マタイの福音書5-7章、「山上の垂訓」と同じ内容です。

 大きく分けて4つです。

1)持たない人、苦しむ人こそ、幸せである。
2)敵を愛し、自分を憎む人に善を行いなさい。
3)良い人と悪い人を見分ける道
4)私の言葉を聞くだけでなく、行いなさい

✟ イエス様のこのメッセージを読んだ人が、

「私は、これほどのことはできない。だから、私はクリスチャンになれない。」

と言われることがあります。

しかし、これができたらクリスチャンで、できなかったらクリスチャン失格ではありません。

イエス様を救いぬしと信じた人は、聖霊によって変えられ新しくされ、

このようなことができる人に変わるのです。

これは、成長した姿です。

また、クリスチャンではない人で、イエス様の言われたことをできる「良い人」がいるかもしれません。

しかし、救いの道はただひとつ、イエス様の十字架と復活を信じる道です。

良い行いをしたから救われ永遠のいのちを与えられるのではありません。

このことを心に留めて、イエス様の言葉をもう一度読み返してみましょう。

✟ 旧約聖書では、人間関係の原則を、「あなたの隣人(となりびと)を、あなた自身のように愛しなさい。」

と教えています。

イエス様も、ヨハネの福音書14章から16章にかけて、「あなたがたは、互いに愛し合いなさい。」

と教えています。

これらの原則を、実生活に当てはめたのが、今日の箇所であると言えます。









祈りの課題
①イエス様の言葉を行ったときに、良い結果が与えられるように
②洗礼を受けて1年以内の兄弟姉妹のため
③日本の暗闇、罪に光が当てられ、日本が変えられるように
④韓国と韓国のクリスチャン、教会のため





礼拝プログラム

祈り
主の祈り
賛美
      すべてが生きる   (ざわめき)
      全地よ、ほめよ    (ミクタム)
      御国はイエスの中に (ミクタム)
聖書朗読
メッセージ
信仰告白   詩篇23篇
賛美
     どんな時でも   (リラ)
感謝献金
賛美
     待ち望め、主を  (ミクタム、リビングプレイズ)
祝祷
後奏
報告
分かち合い

以上










大阪みぎわ

Author:大阪みぎわ
FC2ブログへようこそ!

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード